イメージ画像

重さ約1キロの軽量掛け布団。


いま私が使っている掛け布団がそうなんですが、とにかく重たいんですよね。
特に冬なんて毛布+掛け布団で、布団に入るとズッシリと動きにくいんです。

この陽だまりの休息はそんな従来の布団の重さを30%カットした軽量布団です。
羽毛布団もすごい軽いんですけど、あれはとにかく値段が高くて手が出ません。

陽だまりの休息は布団がズレにくい立体構造。


朝起きたら布団がメチャクチャなんて経験は誰でもあるでしょう。
当たり前ですが私もあります。起きたら毛布と掛け布団の位置が逆になってたり。

で、この陽だまりの休息は身体にフィットする構造になってて、ズレにくいんです。
特に寝相が悪い人にオススメなんですが、布団がはだけずに快適なんですよ。

陽だまりの休息のボディフィットキルト構造。


これが陽だまりの休息の写真です。何となく波打っているような模様が特徴。
これは眠っている人の動きに合わせて設計されており、体の凸凹にフィットします。

いまいち見てもピンときませんが、ようするに体の中央部は膨らんでいて、
サイドはしぼっていることから、寝返りを打っても体にフィットしたままなんです。

しかも洗濯可能で収納にも便利。


従来の布団は生地が縮みやすいという理由で洗濯が難しかったんですが、
陽だまりの休息は洗濯にも対応できる素材で作られています。

しかも羽毛布団のような動物性繊維を使用していないことから
小さなお子様にもアレルギーを心配することなく使用することが出来ます。

あと写真は実際に送られてくるときのもの。これなら収納も楽ですね。

今では洗濯可能な掛け布団も当たり前かも知れませんが、ここまでの機能性はないと思います。
かなり贅沢な掛け布団ですが、不眠症というよりも冬の寒い時期などに役立ちそうです。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線