イメージ画像

お酒も不眠症の原因に。

うまく寝付けないとき、ついアルコールに手を伸ばしたことはありますか?
お酒を飲むと眠気が襲ってくるため、寝酒という発想があるのかもしれませんが、実はアルコールを睡眠薬代わりにするのは、不眠症への近道なのです。
そもそも、何故お酒を飲むと眠たくなるのでしょう。

脳には人を覚醒させる働きのある脳幹網様体賦活系があり、お酒を飲むと消化器系から吸収されたアルコールが脳に到達し、この脳幹網様体賦活系を抑制するのです。
睡眠には、脳を休めるノンレム睡眠と、体は寝ていても脳が覚醒状態に近いノンレム睡眠がありますが、アルコールはレム睡眠も抑制する働きがあるので、深酒した夜はぐっすりと眠った気がするのです。

こうしてみると良い効果ばかりに感じますが、なぜ寝酒が不眠症への第一歩なのでしょう。
それは、人間の体は耐性があるからです。
常にアルコールで脳幹網様体賦活系を抑制していると、次第に耐性がついてきてアルコールがなくては脳幹網様体賦活系を抑制できなくなるのです。

毎晩少量でもお酒を摂取してから眠りについている人が、何らかの理由でお酒を口にしないまま眠りにつく場合、抑制されていない脳幹網様体賦活系がしっかりと脳を覚醒状態に持っていこうとするのです。
では常に寝酒をしていれば良いのかというと、ここでも耐性が邪魔をします。

最初は少量のお酒で眠れていたのに、アルコールに耐性がついて知らず知らずお酒の量を増やさなければ眠れなくなり、結果不眠症に加えてアルコール依存症になる可能性だってあるのです。
不眠症の原因は様々ですが、お酒は睡眠薬にはなりません。
お酒は体の害にならないよう、適切に楽しみましょう。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線