イメージ画像

納豆は不眠に効くと言われてます。

あなたは朝はご飯ですか、パンですか?ご飯の方は、朝に納豆は食べますか?朝に納豆を食べる方もいらっしゃると思います。

納豆には精神安定や神経興奮抑制、血圧低下のほかに、睡眠作用として知られる大豆ペプチドやギャバが含まれています。またビタミン類の中でも安眠効果があるとされるビタミンB群も多く含まれているそうです。さらに睡眠作用があるメラトニンを作るための材料である。トリプトファンも含まれています。血液をサラサラにしてくれるナットウキナーゼも含まれます。

不眠症にはさまざまな要因で起こります。その中で神経が原因となった不眠症があります。この神経というのは主に自律神経が関わっていてこの自律神経を働かせるのに必要なものは糖分なのです。この糖分をエネルギーにするためにはビタミンB12が非常に重要な役割を果たすのです。

このビタミンB12が多く含まれている食品こそ納豆なのです。タンパク質が豊富なので、朝活力を与えたいときに食べるのも良いですが、夜快適な睡眠を得たいときに夕食に食べるのもいいかもしれません。

そのまま食べるのももちろん、納豆汁やパスタ、トーストにかけて食べる方もいますね。トーストの作り方はあらかじめ付属のタレと混ぜておいた納豆をトーストにのせ、さらにその上にチーズかけてトースターでチンする。たったこれだけで完成です。

昔から日本にしかない食べ物である納豆。せっかく日本で生まれた食べ物ですから、たくさん食べて不眠対策をしていきましょう。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線