イメージ画像

不眠の改善にホットミルク。

何か寝る前に飲みたいと思ったときあなたは何を飲みますか?

寝る前に一番良い飲み物としてよくあげられるのはホットミルクです。

牛乳には、骨を丈夫にするだけでなくイライラなど神経を鎮めるカルシウムやビタミン類などが含まれています。また同じように牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれていて、これが体内でメラトニンに変化します。このメラトニンが睡眠作用を促す効果があるとされる物質なのです。セロトニンはその他、血圧や脈拍を下げてくれる効果があり、まさに睡眠に必要な物質なのですね。

ホットミルクの温度は人肌くらいがちょうどいいです。量としてはコップ一杯程度でよいでしょう。

逆に寝る前に飲むとよくないのは、コーヒーなどカフェインが含まれているものです。神経が興奮してしまい眠れなくなってしまいます。お酒も一時的に寝やすくなりますが、これもお酒をあまり飲みすぎると次の日に残ってしまうこともあるのでできれば辞めておくのが無難ですね。

牛乳だけに抵抗がある方は、はちみつを入れてもいいでしょう。はちみつに含まれるブドウ糖はトリプトファンが体に吸収されることを助ける効果があるそうです。抵抗がないかたでも、いつも牛乳だけでなく、ちょっと味を変えたいなと思ったときはちみつをいれてみるのもいいかもしれませんね。

人肌に温めた牛乳をコップ一杯飲む。これだけで快眠が得られるなんて、とても簡単な不眠症対策と言えるのではないでしょうか。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線