イメージ画像

睡眠のリズムを習慣づける。

寝ることができても、起きる時間や寝る時間が一定ではないと、いい眠りにとは言えません。

体には体内時計があります。ホルモンの分泌や調節に関わり、もちろん睡眠にも関わっているものです。

この体内時計が乱れると、ホルモンバランスが崩れるだけでなく、よい睡眠を得ることができません。睡眠で大切なのは、いつどのくらい眠ったのかです。自分がいつ眠ってどのくらいの時間眠れたのかが簡単にわかる方法があるといいですね。

実際に睡眠計測サービスを行っている会社があるようです。機械をずっとつけていなくてはいけないようですが、データとして客観的に見ることができるようなので、そこからどこを改善していけばいいか自分自身で対策できます。

またスマートホンをお持ちの方は睡眠習慣の改善につなげられるアプリもあるようです。

「sleep Bot Tracker log」と呼ばれるアプリは、就寝時間と起床時間を記録することで睡眠の負荷を把握できるアプリです。自分にあった標準睡眠時間との差が睡眠の負荷という形で出てきます。毎日就寝時間と起床時間を記録していかなくてはいけませんがフリーソフトなので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

仕事をされている方でなかなか規則正しい睡眠習慣を得ることができない方もいらっしゃると思います。そんな方でも休日は早寝、早起きをしてみたらいかがでしょう?次の日は気分もすっきりして爽快な気持ちになれますよ。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線