イメージ画像

自然に眠くなるのを待ちましょう。

寝よう寝ようと考えてしまうとますます眠ることができなくなりませんか?

こうなってしまうといつまでも眠ることができなくなりがちです。

夜眠れないということで、夜更かしをしているとますます健康にもよくありません。午後10時~午前2時は肌が生まれ変わる時間といわれています。女性は気になるところではないでしょうか。さらにこの時間帯は成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になります。成長期にある子供にとっても重要なところです。

疲れているときは自然と眠くなることが多いですが、なかなかそういかない時があります。どうして眠れないんだろうと不安になってしまうこともあります。その不安が不安を呼び、眠れないことへの悪循環を引き起こします。

考えれば考えるほど脳は休まらずどんどん働いてしまいます。脳も休みたいのになかなか休めません。ここは目を閉じてなにも考えずにリラックスしてみてはいかがでしょうか?そうするといつの間にか眠りに入ることができるようになります。

また人間は仰向けで寝ますが、これは人間だけの特徴のようです。ちょっと左や右を向いて寝てみる。そうすると臓器に負担が掛からずに寝ることもできます。

体を休ませることは同時に脳も休ませることにつながります。体が休みたいとなった時、それが眠くなる時です。まずは何も考えずに布団やベッドに入りましょう。そして目を閉じていればいつの間にか自然と眠りにつくことができるはずです。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線