イメージ画像

お湯は熱過ぎないこと。

お風呂にアロマをいれると心身ともにリラックスできるお話をしましたが、いつも入るお風呂のお湯の温度や入浴時間はどのくらいでしょうか?

熱過ぎていませんか?ぬるすぎていませんか?お風呂で体を温めると血行が良くなりますが、大体入浴するのに適した温度は40℃前後とされています。ぬるめのお湯に、20~30分程度つかりましょう。長い間入浴しているのは難しいという方は、音楽を聴いたり、防水仕様したうえで読書をしたりするのはいかがでしょうか?そうすれば時間もあっという間に過ぎてしまいます。

半身浴も効果がありますが、これも熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯で行ってください。そして入浴後は、早めに布団に入ってください。入浴後1~2時間後に入ることが良いようです。

入浴前には必ず水分補給をしましょう。入浴中も汗をかいているので、水分補給をしないままだと血液がドロドロのままですからしっかり水分補給しましょう。

じっくり体を温める入浴だけでなく、足元からじんわり温める足湯という方法もあります。足が冷えて眠れないという方はこれもお勧めです。37℃ぐらいのお湯でじっくり足だけでも浸かれば、足の先から体全体が温まります。もちろん血流も良くなってくるので体がポカポカしてきてとても寝付きやすくなります。

時間があるときはゆっくりお風呂につかる、もし時間がないときには足湯で足からじんわり体を温める。これだけでも効果はあると思いますから試してみてくださいね。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線