イメージ画像

睡眠に対するGABAの効果って?

お菓子売り場に行くとギャバ(GABA)配合のチョコレートを見かけたことはありますか?ギャバってなにに効果かあるんだろうと疑問に思った方に少しご紹介しておきます。

ギャバとは脳細胞の活動を抑える神経伝達物質の代表的なもので、神経を鎮め、精神を安定させリラックス効果をもたらすとされるものです。また、血圧の安定にも効果を示すものです。このギャバが不足すると、脳細胞は常に活動したまま、興奮したままとなり不眠になってしまうのです。

ギャバを多く含む食品として有名なのは、発芽玄米です。発芽玄米には、ギャバの他ミネラルやビタミンを含まれています。食べなれないうちは、玄米だけでなく、白米と混ぜて食べることをお勧めします。一日の摂取量はおよそ50~100mgです。これ以上摂取しても副作用の報告は現在のところありません。しかし、報告がないからと言って上限がなく飲んでも大丈夫というわけではないので、これも他の睡眠作用に効果があるものと同じように適切な量をとって効果を得るようにしていきましょう。

ストレス社会の現代、ストレスを発散する場を失いつつある方もいます。ストレスはためこめばため込むほどよくありません。ストレスからの不眠に悩まされている方も多くいますから、そのような方にはギャバがお勧めです。ちょっと疲れたなって感じたとき、机の上にギャバ配合のチョコレートを置いて時間ができたとき食べてみたらいかがでしょうか。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線