イメージ画像

テアニンに含まれる睡眠作用物質。

コーヒーとお茶どちらが好きですか?コーヒーやお茶にはカフェインが含まれていることが知られています。カフェインは神経を興奮する作用をもっており、摂取するとなかなか眠りにつくことができなくなります。

しかし、お茶には実は重要な成分が含まれているのです。それはテアニンという物質で、睡眠作用を促す作用を持っているのです。このテアニン、お茶に含まれるアミノ酸の一種で、特に高級なお茶に多いそうです。テアニンの効果はそれだけでなく、カフェインとは逆で神経を鎮める効果を持っています。そのため、リラックスをすることができるのです。お茶には相反する成分が含まれていたんですね。

ただし、ここで注意が必要です。先ほどお話ししたように、お茶にはテアニンの他、カフェインも含まれていることを忘れないでくださいね。カフェインの効果で神経が興奮し、眠れなくなることもありますので、一般的には寝る前にお茶を飲むことは避けた方がいいでしょう。もし、試すならサプリメントが発売されているので。カフェインが入っていないこちらで試すのがいいでしょう。

テアニンを過剰に摂取場合や、また過剰にとった場合の諸症状については特に報告されていません。また一日の上限摂取量も特に決められていません。しかし、上限がないからと言って大量に摂取してはいけません。適切な量を心がけましょう。適切な量を摂取することで、心身ともにリラックスして、睡眠に備えましょう。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線