イメージ画像

薬原性不眠について。

風邪薬の中には「服用したら車を運転しないでください」と書いてあったり、市販の薬を数種類複合したら病気が治るどころかひどくなったりと、薬は素人にはわからない面がたくさんあります。
不眠症の中にも薬が原因でなるものがあります。
普段服用している薬が原因で起こる不眠症の事を「薬原性不眠」と呼びます。

薬と言っても、不眠症対策の睡眠薬や睡眠導入剤とは限りません。
薬原性不眠は薬の種類、飲む量や体質、病気の種類などによって大きくばらつきがあるのです。
ステロイド製剤やインターフェロン製剤は特に発生率が高いと言われています。
かといって、リンパ球の機能を調整して病気を軽減させるインターフェロン製剤や、喘息やアレルギーといった皮膚疾患を抑えるステロイド製剤が悪い薬だと思わないでください。

薬というのは色々な役割を持っているのです。
風邪薬の中には眠くなるものとならないものがありますよね。
このように、薬の中には睡眠薬でなくとも、眠くなる成分が入っている場合があるのです。
知らずに服用し、強い眠り入り、翌朝眠気がとれなかったりと体内バランスを崩すきっかけになる事があります。
薬を服用するときは、自分でも成分をよくチェックしましょう。

医者が処方してくれが薬でも、自分から「眠くなるものはありますか?」と聞くこともできますね。
また、最近では薬の眠気の副用を利用した睡眠改善薬が売られるようになりました。
しかし、いずれにしても薬は素人が勝手な判断をすると碌なことがありません。
市販の薬を買う時も、薬局の人に相談するなど、自分で気をつけましょう。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線