イメージ画像

金縛りは不眠とどう関係あるの?

心霊体験の一つとして金縛りをあげる人は多いのではないでしょうか。
しかし、金縛りは実は心霊現象ではなく、科学的に照明された睡眠障害なのです。
不眠症の一つの症状としてあげられるほど、医学的に根拠がある金縛りですが、これは脳が引き起こしています。

人間の睡眠は、体が休息状態で筋肉が弛緩して動かない、けれど脳は覚醒状態に近いレム睡眠と、脳が休息状態にあるノンレム睡眠が交互に訪れています。
俗に言う「眠りが浅い」と言われるのがレム睡眠で、夢を見ているのもレム睡眠です。
ノンレム睡眠だと夢を見ていたとしてもほとんどが覚えていません。つまり、レム睡眠で見た夢のイメージと合わさって、体が動かない現象を心霊現象だと思われていたのですね。

不眠症の一つで「睡眠時間は充分なのに眠った気がしない」という症状があります。
これは睡眠の中でレム睡眠の割合が多いので、脳が充分な休息をとれていないという事ですね。
レム睡眠で脳が起きているのに、体が弛緩した状態で動かない現象が金縛りですが、レム睡眠が多いタイプの不眠症の人は金縛りにあう事が多いのです。

金縛りを解く方法は、目をぐるぐると動かすこと。
金縛り中は目を開けることはできませんが、眼球は動かすことができます。
体のどこかを動かして、脳に「私は起きている」と伝え、それを体に指令として出させるのです。
そこまでしなくとも体の覚醒を待てば自然に金縛りは解けるのですが、方法を一つ知っているだけでも、気分的に落ち着きますよね。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線