イメージ画像

いびきをしているときは眠りが浅い。

家で寝ているときや友人との旅行で一緒になった部屋の他人のいびきで眠れなかったという経験はありませんか?

これこそがいびきがもたらす悪影響の一つなのです。ちょっとした音があっても眠れないという人がいた場合、いびきをかかれたら、周りが睡眠不足になってしまいます。自分がよく寝たと思っても実は周りは睡眠不足だったりするのです。こうなると、いびきをかいていた人は申し訳ないと思い、旅行などにあまり行かなくなってしまうということが出てくるかもしれません。

また、いびきをしている人は眠りが浅いと言われています。たくさん寝たはずなのに慢性的に日中眠い、頭がボーっとする、という方はもしかしたら、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。慢性的にいびきをかく人は注してください。

いびきは気道を狭くておこるものですから、取り入れる酸素が少なっていきます。体が酸素不足になってしまいます。

いびきをしていることで、他人に迷惑がかかっている思い、気にし過ぎて眠れなくなってしまう人もいます。これではストレスが溜まってしまい、ますますいびきの原因をつくってしまいます。あまり気にしないことも必要です。どうしても気になるようなら、自分で対策をたててみたり、病院に行ってみましょう。恥ずかしことではないので、相談するということも良いことです。

いびきを軽くとらえずに、睡眠時無呼吸症候群のような病気になる前にいびきに対する対策をたててみましょう。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線