イメージ画像

いびきには種類がある。

実はいびきには種類があったのです。ご存知でしたか?

いびきには大きく分けて3種類あるのです。「単純いびき症」、「上気道抵抗症候群」、「睡眠時無呼吸症候群」です。

「単純いびき症」の場合、これは病気ではなく、睡眠時に呼吸も止まることはないようです。一般的によく言われるいびきです。

「上気道抵抗症候群」も呼吸が止まることはありませんが、このいびきの原因には別の病気が隠れていることがあります。早めに病院へ行くことをお勧めします。「上気道抵抗症候群」では、寝ている間に呼吸が苦しくなって何度も目が覚めるため、日中眠気に襲われることがあります。

「睡眠時無呼吸症候群」は、その名のとおり、睡眠時に呼吸が一時的に止まります。呼吸が戻った後大きないびきをかくこともあります。この病気の場合、ほとんどが睡眠時無呼吸症候群」の中の「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」という分類になります。「睡眠時無呼吸症候群」の場合も睡眠不足となり、日中の眠気に襲われることがあります。

単なるいびきとは考えずに、一度耳鼻咽喉科の受診をしてみてください。しかし別の疾患が考えられるのであれば、まずはそちらの治療が先決です。自分のいびきがどれに当てはまるのかによって治療の仕方も変わってきます。

または、一緒に寝ているパートナーや家族に聞いてみるのもいいかもしれません。いびきをかいている本人にはいびきをかいている自覚はほとんどないので他の人に聞いてみることも大切ですよ。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線