イメージ画像

子供はいびきをかかない?

子供は基本的にはいびきをかかないとされています。ところが場合によってはいびきをかくこともあるのです。この多くがのどや鼻の疾患であることが多いです。

子供のいびきの多くは3~6歳ごろに見られます。扁桃腺が大きくなる(肥大する)ことで、これがいびきの原因となります。この肥大はよく風邪をひいたときに見られます。風邪をひくごとに繰り返す子供もいます。いびきをするということは、大人と同じで酸素不足となります。成長期の子供の場合、成長に悪影響を及ぼしかねません。時には大人顔負けのいびきをする子供もいますね。

このようになったら、耳鼻咽喉科の診察を受けましょう。対象年齢である程度扁桃腺が大きければ、手術という選択肢がとられます。

さらに子供にも大人同様睡眠時無呼吸症候群があります。子供は発育途中ですから、睡眠時無呼吸症候群になると、発育に影響を及ぼす可能性があります。子供でも肥満気味の場合、脂肪により気道が狭くなり、いびきを起こすことがあるようです。

子供のいびきはふつう起こらないことなので、もし自分の子供がいびきをかき始めたら注意しましょう。いびきの種類によっては病気につながるものでないものもありますが、大人に負けないくらい激しいいびきをかくようなことがあれば、早めの受診をお勧めします。

いびきによって睡眠不足となり、学校の授業に集中できない、日中眠いという症状も出てきます。子供のためにもいびきを治療しておきたいものですね。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線