イメージ画像

睡眠時無呼吸症候群はどんな睡眠障害?

夜ちゃんと寝たのに昼間も眠いなんて経験している方がもしかしたらいるかもしれません。

そのような経験をしている方はもしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれません。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が停止する病気で、目安として10秒以上,無呼吸回数が5回以上としています。さらに睡眠時無呼吸症候群には種類があって、閉塞性、中枢性、混合性とあります。ほとんどか閉塞性と呼ばれるものです。

起きているときは筋肉は緊張していますが、リラックスしているときや寝ているときは筋肉もリラックス状態となります。このリラックス状態の筋肉が気道を塞ぎ、これが原因で無呼吸となります。これが閉塞性睡眠時無呼吸症候群です。これは健康な人よりも、肥満傾向にある人の方が発症リスクは高いとされています。

よくみられる症状として、昼間の眠気だけでなく、大きないびき、睡眠時の無呼吸があげられます。

自分が睡眠時無呼吸症候群かどうか確かめたいときは、病院で検査することができますから、病院に行って実際に検査しているか確認してみてください。入院しながら睡眠ポリグラフ検査でデータ採取し判定します。

治療は主に減量です。少しでも体重を減らせばリスクは減るはずです。また別の疾患が関わっていることもありますので、この場合は原因となっている疾患を治療することが優先されます。
また外科的治療も必要になってくる場合もあります。

人の命に関わるような仕事をされている方はこの病気には特に注意しましょう。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線