イメージ画像

冬に起きる冬季うつ病。

よく知られているうつ病。うつといっても様々あります。普通うつと言ったら、年中ふさぎ込んでしまい、食欲もなく、体重も減少しているといったことが挙げられます。しかし、季節限定で発症するうつ病が実はあるのです。

それが冬季うつ病というもの。その名の通り、冬にしか発症しない病気で、春先になると改善していきます。なんて都合のいい病気だと思ってしまいますが。これもれっきとしたうつなのです。冬季うつ病も普通のうつと同じように、気分の落ち込みや集中力の低下などが挙げられます。

ところが冬季うつ病の特徴として、睡眠時間が長くなる、食欲の増加つまりは体重の増加という点が挙げられるでしょう。冬のみ甘いものがほしくなるといったことも特徴的です。睡眠時間が長くなる要因としては睡眠作用があるとして知られるメラトニンの分泌が深くかかわっているとされています。また冬にしか発病しないため、それ以外の季節では比較的健康に過ごすことが多く、繰り返し起こしやすい病気なのです。

治療法として一番有効なのは光療法です。冬季うつ病は日に当たらない時間が少なくなることで、眠気を起こすため、日に当たる時間を増やせば、光の刺激よって神経伝達物質であるセロトニンが増え、脳の活動も増加します。

冬季うつ病は冬のみのため、多少不調でもそのまま乗り切ってしまうことがあるようです。冬に決まって、調子が悪いなと思ったら早めに病院へ行ってみましょう。意外とそれは冬季うつ病かもしれませんよ。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線