イメージ画像

昼寝は必要?

お腹がいっぱいになった午後、ついうとうとしてしまいますよね。
こんな時にそのまま昼寝をしてしまうと、本当に気持ちがよいものです。
しかし、不眠症にとっての昼寝はそう簡単にとらえてはいけません。

夜眠れない人は余計に昼寝が恋しくなるでしょうが、昼寝のしすぎが夜眠れなくなる、というのは幼い頃からよく言われていたと思います。
不眠症の人は昼寝をすると体内リズムのズレが大きくなってますます眠れなくなる傾向にありますので、できれば控えた方が良いでしょう。
昼寝のしすぎで夜に眠れなくなり、また翌日の昼間にうとうと……と悪循環になりかねません。
どうしても我慢できない時は、ある程度の対策があります。

不眠症の人はともかく、元々短時間の昼寝は午後の作業効率的にも良いとされていて、わざわざ午後に昼寝の時間を設けている国もあるほどなんです。
元来睡眠というのは、30分以上続くと本格的な眠りに移行するようです。
ですから、昼寝は30分以内、できれば15分から20分位を目安にしておきましょう。
そうすれば夜眠る時に障害になることはないので、不眠症対策にもなりますよ。

また、昼寝前にコーヒーなど、カフェインを摂取するのも良いですね。
不眠症の人は控えるべきとされるカフェインなのに、どうして昼寝だと良いの?と思われたでしょうか。
カフェインは脳の覚醒作用がありますが、これが利き始めるのは摂取してから大体30分ほどなのです。
昼寝からちょうど目覚める時間に合わせて脳に刺激が伝わるので、すっきりと目が覚めますよ。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線