イメージ画像

羊を数えてもダメ。

不眠症の人は一度は羊を数えたことがあるのではないでしょうか?
小さい頃母親に羊の数を数えてもらった経験のある人も多いでしょう。
慢性的な不眠症の場合数百の羊を数えた人も珍しくないようです。

そもそも、この「眠れないときに羊を数える」という考えはどこから来たのでしょう。
実は日本ではなくイギリスが発生の地であり、ここに羊である理由があるのです。
英語で羊はsheep(シープ)と言います。

これは眠るという意味のsleep(スリープ)と音がとても近いため、自分で自分に「あなたは段々眠くなるー」と暗示をかけているわけですね。
しかし、日本語の羊では同じ効果は期待できません。
言葉の問題もありますが、もう一つ大きな理由としては一般的な日本人にとっては羊は身近な存在ではないということがあげられます。

ぼんやりとしたイメージしかない羊を数えるには、頭の中で「羊ってどんな動物だっけ?」と無意識にでも考えてしまうでしょう。
すると脳を刺激し活動状態にしてしまうため、結果眠りにくくなるのです。
不眠症の多い日本ですが、羊の数を数えるのはあまり向いていませんね。

しかし、全てがダメというわけではありません。
のどかな草原を思い浮かべるのは心のリラックスにつながりますし、数を数える、といった単調な作業は脳に一定のリズムを与え眠りに導きやすくするのです。
羊にこだわらず犬でも猫でも、身近で心が落ち着くものを数えてみると良いかもしれません。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線