イメージ画像

男女の眠りの違い。

眠りというのは男女関わらず、私達の中にある体内時計によって定められていますが、女性の睡眠には実はもう一つ「生体リズム」が大きく関係しています。
これによって、女性と男性では眠りの質が大きく異なると言います。
一般的には女性の方が短くて深い眠り、つまり効率的に眠ることに長けているそうです。

女性の方が眠り方がうまいのは、子育てに適した体になるため、という説があります。
女の眠りには生理・妊娠・出産といった女性ならではの現象が深く関わっているわけですね。
また女性は、ホルモンバランスの影響によって眠りの質も変わります。

生理前になるとともかく眠たい、という人も多いでしょうが、これも女性ホルモンの作用によるものですね。
月経期間は日中も眠くなったり、朝になっても寝起きが悪く、また身体の抵抗力が下がっているため、普段なら何ともないことで簡単に風邪をひいたりします。
この時期は身体のエネルギーが子宮に集中していますので、どうしても他の機能が低下してしまうのです。
眠くなったり、逆に腰痛や頭痛による不眠症になったりと、中々身体が落ち着きません。

生理そのものよりも、免疫力が低下したために日頃の不摂生のツケが一気に出てきてしまうことも。
慢性的な不眠症に慣れてしまっている人もいるでしょうが、不眠症は免疫力を大きく下げる要因です。
そんな身体が生理によって更に抵抗力を低下させれば、深刻な病気を引き起こす可能性だってあるのです。
女性は眠り方はうまいのですが、それを支えるのはやはり普段の生活と体の造り、と言うわけですね。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線