イメージ画像

不眠の種類。

日本は海外からは不眠大国と言われていて、今や日本人の5人に1人が不眠症とも言われています。
慢性的に睡眠不足で休日は寝て終わる……という方や、あまりたくさん眠るとかえって気持ち悪くなる、など睡眠に関しては個人差がはっきりと現れますね。
一体どういう症状が不眠症なのでしょうか?

不眠症とは睡眠時間の長さではなく、目が覚めた時にだるさや眠気が残っていたり、日常生活に支障をきたしてしまう程、体調に影響があるかによって判断されます。
眠れない症状が全て同じ不眠症、という訳でもなく、不眠症にも種類があるのです。
一般に「寝つきが悪い」と称される、布団に入ってから眠るのに時間がかかるのが「入眠障害」です。

大体入眠まで30分から1時間以上かかると言われ、一度入眠すると朝まで眠れるという不眠症の代表的な症状です。
中高年に多いのが、夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」です。
眠りが浅く夢ばかり何度も見るので、眠った気がしない、と言われるタイプです。

これも高齢者に多い症状ですが、早朝に目が覚めてしまいその後眠れなくなるのが「早朝覚醒」です。
不眠症の中で最も少ないタイプですが、起きた後に再び眠りにつけても熟睡できないという特徴があります。
そして、充分に睡眠はとっているのに眠りが浅く、熟睡感が得られないのが「熟眠障害」です。
熟眠障害はかなり広い意味で使われる事が多いのですが、本人が自覚がないのが一番多いのもこのタイプです。"

このページの先頭へ

ブロードバンド回線