イメージ画像

早朝覚醒ってどんな不眠?

「お年寄りは朝が早い」と昔から言いますね。
しかし、この「早朝覚醒」と呼ばれる朝早くに目が覚めてしまう症状は2種類あるのです。
一つは「老人性早朝覚醒」といい、先ほどのお年寄りのパターンですね。

加齢によって睡眠に必要な物質、メラトニンの分泌量が減っていき、年とともに睡眠力というのは低下していくのです。
年寄り、というイメージがありますが、実際に睡眠の傾向は30代後半から40台で切り替わります。
それを知らないでいると、突然朝早くから目が覚める事にとまどって不眠症かと思ってしまう人もいます。

しかし、この場合は昼間に眠気が抑えきれなかったり、倦怠感がとれなかったりと、一般の不眠症の症例が起きずに普通に生活できているのなら特に治療の必要もありません。
早く起きてしまったのなら朝の時間を楽しむのも良いでしょう。

しかし、「うつ病」による早朝覚醒の場合は注意が必要です。
うつ病の場合は早朝覚醒だけでなく、中途覚醒や入眠障害など、睡眠そのものが不規則になります。
そのため体内リズムが崩れてしまい、疲労回復ができなくなり、結果体調も崩してしまいます。

この場合は専門家との相談、そして眠る環境を自分で整えましょう。
昼間の生活というのは夜の睡眠と密接な関係にあります。
睡眠というのは生体機能の一つなのですから、本来は自然にできるはず。
不眠症の改善は、まず眠れない環境を改善するところからはじめましょう。

しかし、それでも朝目が覚めてしまうなら、いっそ起きてしまうのも手です。
早朝に覚醒するのが悪いのではなく、それによって良質の眠りが得られないことが問題なのです。
朝から体をしっかり動かして、日中しっかりと起きていると、夜に眠りやすくなりますよ。

このページの先頭へ

ブロードバンド回線